福岡県経営革新計画の承認を得ました 計画テーマ(長時間無人で害獣を駆除(捕獲)する多頭式罠の開発)

計画テーマ 長時間無人で害獣を駆除(捕獲)する罠の開発 

山間部における植林事業のサポートとして、植林した苗木の保護を行うため鹿などの苗木を食べる動物を一度に複数捕獲する多頭式捕獲罠の開発を行っております。

罠にはセンサー以外にも携帯電話の圏外エリアでも通信可能な送受信機を装備し、1カ月以上の連続運転が可能なシステムです。 2023年には試作機をリリースし、フィールドにおいて実証試験を行った後、製品化する予定です。

福岡県経営革新計画の承認を得ました 計画テーマ(長時間無人で害獣を駆除(捕獲)する多頭式罠の開発)」への2件のフィードバック

  1. 有害鳥獣対策は、我が国にとって喫緊の課題です。
    有害鳥獣被害は植林のみならず、農業や交通インフラ、人命
    にまで影響を及ぼしています。
    かたやハンターの高齢化、減少により、有害鳥獣の捕獲頭数は
    減少していくことが予想されます。
    そんななか、御社の大量捕獲のシステムは非常に時代に
    マッチしたものであり、新システムに期待しております。

    • 松本様

      コメントありがとうございます。
      まだまだ概要仕様書の作成段階ですが、お客様からの強い要望もあり早急に進めております。

松本辰也 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。